CATEGORY Teacher

Culture

Japanese get confused when hear 彼/彼女 in sentences.

とても日本語が上手で、ペラペラな人でさえどう伝えたらいいか迷う日本語の文章があります。 文法は難しくないんです。 でも、伝え間違ってしまう文章。日本人が混乱してしまう文章。 それは、代名詞の「彼」「彼女」が文章に入っているとき!です。 登場人物が1人ならいいんです。 Aさんが、blablabla,,, 彼が,,,, となれば、「あぁ、彼ってAさんのことね。」とわかります。 でも、これが、二人以上になったとき、 「あれ?その 彼って誰のこと???」 と話の途中で混乱してしまいます。 どうしてかな、と考えてみたら 日本人同士で話すときって、「名前」もしくは「あだ名」を使うんですね。 代名詞の「彼」「彼女」を使わないんですね。 When you use 彼/彼女 as a pronoun talking some stories which is over two people in it, Japanese easily get confused about the story, like 彼 ? the 彼 is who?? Thinking about pronoun, I realized that we Japanese don’t use 彼/彼女. We use name or nickname instead. So , I suggest that you should use real name or nickname if the story includes over two people.

the most important things to improve Japanese fast.QA

What kind of students improve fast?

I’ve been teaching Japanese language for almost 8 years. I’ve been seen a lot of students from various countries and then I just realized what types of students improve fast. Today, I would like to share my thoughts from my experiences.It is just my opinions. Enjoy it! どんなタイプの生徒さんが、伸びるんだろう?どうして、あの人とあの人では同じ時期にスタートしたのに、こんなに差があるのだろう? と、先生をしていれば、もしかしてこれは、一度は考えたことがあるテーマかもしれません。 私も、数年、日本語教師をしていて気づいたことを共有して 日本語がうまく上達しない人のヒントや先生のヒントになればと思います。 The most important things to improve your Japanese Take notes! ノートを取ること。Take notes!言語の基本の基本って語彙力じゃないですか。いくら文法を知っていても、単語を知らなかったら何も伝えられませんよね。その逆はもしかしたら、時々、伝わることもあります。例えば、単語を並べる。「りんご わたし 食べる。」みたいな。 だから、基本の基本は、単語を覚えること。じゃあ、どうやって覚えるのか。 それは、ノートを取ることです。まぁ、これは、アナログのノートでもいいですし、Ipadなどでも大丈夫です。(※でも、アナログの方がなんか、いいみたいに思うけど。。。) 書かない人は、毎回、同じ質問をする! これ、前も教えたけどなーーって、心の中でつぶやきます。。。 語彙の次は、文法です。 これはも、とにかく 書くこと!Take notes! 新しい文法を学んだとき、先生の説明だけを聞いて、「わかる、わかる」って思います。特に先生の説明が上手だったり、勘がいい子だったら。 でもね、人間忘れるんです。 それが、ノートを取っていれば思い出す確率、または、覚えている確率が高い! 私は、超有名大学(そう、世界中の誰もが知っているような)に通っている生徒さんも見てきましたが、そんな優秀と言われている人もちゃんと授業中ノートを取っているんです。 むしろ、優秀な人ほど、残らずノートを取っている。 授業中、彼らは、理解しているんです。でも、それでも、ノートを取っているんです。 私が言えることは、、、ただ一つ。 Take notes!! Look it up by yourself! 先程の、語彙力につながるんですが新しい言葉に出会ったとき、自分で調べるのか、先生に聞くのか、この差は実に大きい! 今の時代、ネットで秒で調べられるじゃないですか。それをやる人とやらない人。2通りに分かれます。 もちろん、言わずもがな。 自分で調べる人は、成長が早いです。調べて、ノートを取ります。これだけで、定着力が全く違うようです。 何度も同じ語彙について、尋ねる人は、調べません。=覚えません。 So,,, Don’t ask about new vocabularies, Look it up by yourself right now! Use it Make it right…

いろどりQA

Materials

There are a lot of materials to learn Japanese. I just found nice one and wanna share it with you! Daily Japanese It’s called 彩り(いろどり/IRODORI). You can study with those pdf files, which is including audio as well. I think that 初級1 is for JLPT-N5 level/みんなの日本語1, and 初級2 is for JLPT-N4 level/みんなの日本語2. So, you can start learning Japanese with them. Or you can review if you’ve already done with those levels. Please try them for free. 彩り

macbookとipadのミラーリングTeacher

オンラインレッスンのおすすめ環境は?【やっぱりipad?】

6、7年ほどオンラインでレッスンをして来ました。 Zoomがない頃から、試行錯誤しながら続けて来たのですが 今、やっとベスト(じゃないか、個人的に)と思える環境を発見したので ご紹介したいと思います。 この環境にして、生徒さんもわたしも より、伝える、伝わるチカラが上がって 授業が楽しくなった気がします。 環境でここまで変わるのかぁ〜と思ったのでご参考になれば幸いです。 オンライン環境での先生側のデバイス Ipad apple pencil マイク Macbook この4点があれば、非常にやりやすいです。 もし、最低限で、というならば、この中でも Ipad と apple pencil は必須です。 続いてあげるなら マイクです。 そして、macbookの順になります。 良い点 macbookがあれば、いらない資料などは、Macbookの方へおいておけます。そして、カメラをMacbook側にしておけば、目線がちょうど良い高さで設定でき生徒さんにとっては、まっすぐ前を見て話してもらっている、という感覚になれます。 この構成では、ipadは書類(テキストなど)を見せる場所となります。ipadでできて、Macbookにできないこと。それは、apple pencil を使うことです。ipadではapple pencilが使えるので資料に直接手書きで文字がかけます。 上の赤文字がapple pencilで手書きした文字で黄色がapple pencilでマーキーングしたところです。 簡単に、書けて、消せて、マーカーして、色を変えて、ポインタも使えて(これはAPPによります)とできるので、もはや、リアル黒板か簡単に書いた文字などが元に戻せるので、それ以上の使い勝手の良さです。 生徒たちにも、「手書きのほうが良い!」と好評です。 マイクを使おう! マイクはあったほうがいいです。 昔は、なしでやっていたのですが 夏にセミが窓の外で鳴いているのを生徒に「うるさいよーー」と言われ買うことにしました。 何個か試して今はこれに落ち着きました。 このマイクの良いところは、設定が簡単ということです。USBに指すだけです。そして、ミュートにするときは、上部を軽くタップするだけ、というのも便利です。 生徒にも、断然、マイクありのほうがいい!よく聞こえると好評です。どうして、もっと早くマイクを買わなかったのか、生徒たちよ、、ごめん!と思う今日このごろです。 やっぱり、発音をしっかり聞きたいですし、ノイズなしで先生の声がはっきり聞こえるに越したことはありません! windowsでは? わたしは、windowsも使うのですがオンラインレッスンのときは、Mac一本、この構成で行います。 windowsでWACOMのタブレットをつないで同じように、手書きを試みたことがあるのですが動きのスムーズさにおいてMacのほうが遥かに使いやすかったです。 でも、Windowsのほうが無料で、たくさんアプリがあるのでその点は良いかと思います。 apple pencilとipadのコンビに勝るものが見つかればいいのですが。。。

CEFRTeacher

みんなの日本語とCan-doとCEFR

わたしが、学校で、みんなの日本語の教科書を見た時、「???」でした。 私の目には、文章がただただ書いてあってどれが、文型なのか、何を練習しているのか、明確に書いてないように見えたからです。 ですが、その後「GENKI」や「まるごと」などの教科書も使ったりCEFRについて、もう少し勉強してみたりしました。 そんな中で、みんなの日本語も、もちろん、Can-doがあるしCEFRと対応することもできるとはっきりわかったので もっと視覚的にわかりやすいように表を作成してみました。(いや、まだ途中ですが。。。) 共有してみますのでもし、みんなの日本語の文型やCan-doがわからない(わかりにくい)という方がいらっしゃいましたら、ちょっと見てみてください。 何かヒントになれば幸いです。 みんなの日本語とCan-doとCEFR

みんなの日本語第一課Teacher

みんなの日本語 第1課

導入〜 「この課はおもしろくないよ」と言ってしまう とにかく、最初に言ってしまったほうがいいのが、 みんなの日本語の1課〜3課はつまらない、ということです。 つまらないけど、でも、これが基礎だから、乗り越えて! と最初に言っておきます。 すると、生徒も「ぐっ」と我慢してついてきてくれます。 なぜ、つまらないかと言うと、「動詞」がないからです。 日常会話では、「動詞」抜きでは進みません。 食べます、走ります、寝ます、起きます、見ます、聞きます、飲みます、、、、 それらがない1課〜3課は、正直、面白くありません。 なので、4課に行くまでに、挫折する生徒もいるのです。 しかし、事前に「おもしろくないけど、我慢して!」と言っておくと けっこう、効果があります。そして、4課で「習う」喜びが爆発するのです。 わたしは、マイク・ミラーです。 文型 Topic + は、object です。 説明 は is a marker of topic. I am talking about (this)〜 = (this) は、〜 ↑こういう構造になります。 Subject ではなく、Topicです。 練習 最初は、「わたし」で練習します。 わたしは、(名前)です。わたしは、(年齢)です。わたしは、(職業)です。etc.. その後は、「わたし」の代わりに、「家族(父、母、祖母、、)」「友達」などで練習します。 このとき、家族について日本語でなんというか、合わせて覚えるようにします。 家族のイラスト みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。 サントスさんは学生じゃありません。/では、ありません。 文型 topic は object じゃありません。/では、ありません。 説明 Instead of です, It’s じゃありません。/ では、ありません。which means negative. わたしは、日本人です。 の次に わたしは、アメリカ人では、ありません。/じゃありません。 と首を振りながら( 違う、という意味)、いいます。 「では」と「じゃ」の違いは? 「では」、は、politeで、「じゃ」は、bit more casual than では. 日常会話では、「じゃ」のほうをよく使うことを説明します。 練習 「わたし」で練習のあと、「家族」「友達」などで練習します。 父は、50歳です。 父は、40歳じゃありません。 など、肯定と否定をセットで言うと、覚えやすいですね。 みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。 ミラーさんは、会社員ですか。 文型 topic は、object ですか。 説明 文型1の肯定文の最後に「か」をつけると「?」になります。 日本語では、〜か。のあとは、「。」ですが、 ここは、大げさに「?」を文末に書いて、これは質問文であることを印象付けます。 ※ただし、日本語では、「?」は書かないことを説明をしておきます。 練習 返事のしかたもおさえておく。 (生徒の名前さん)は、学生ですか。 肯定文から入り、「はい、そうです。」の答えかたを教えます。 その後、 (生徒の名前さん)は、日本人ですか。 で、否定の答え方を教えます。 「いいえ、ちがいます。/いいえ、わたしは〜です。」など。 このとき、 自分自身や家族など「うち」の人には、〜さん、などの敬称を使わないこと 目上の人や初めてあった人には、〜さん、と敬称で呼ぶことが好ましいことを教えます。 みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。 サントスさんも会社員です。 文型 topic も object です。 説明 as well, too, also, などの意味となり、topic「は」の代わりに「も」を使うことを強調。 練習 わたしは、日本人です。 父も日本人です。 など、文型1を使って、家族をtopicsにするとわかりやすいです。 みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。…

ヲシテ文字Culture

日本語の助詞の由来がわかる本

日本語の助詞「て、に、を、は」の由来は? 日本語を勉強する外国人にとっても日本語教師にとっても 「助詞」 は、難関です。 たくさんの文法的解説や、ニュアンス、イメージなどの本がありますが日本人にとって、体に染み付いた なんだか、やっぱり言葉で説明しにくいものではないでしょうか。 わたしも、色々と教える際に、気を配っているのですが 原点に戻ると、自分自身も 助詞、一文字一文字の根本的な意味、というのは体感でしかわからないものでした。 しかし、ある本に出会って、助詞の答えがわかったのです。 神代文字とは まず、その本を紹介する前に、大切なこと。 みなさんは、神代文字(かみよもじ/ じんだいもじ)をご存知でしょうか。 これは、日本に漢字が採用される以前からあった 日本独自の文字のことです。 ヲシテ文字 と言われるものです。 この文字の最大の特徴は 一字一義 つまり、一文字一文字に意味がある、ということです。 「あ」という文字は、音が「あ」と発音する、ということだけでなく この「あ」の一文字に意味があるのです。 それがどうしてわかるのかと言えば そのことが、書かれた本、ホツマツタヱ ミカサフミ フトマニ と呼ばれるそれぞれ、ヲシテ文字で書かれたヲシテ文献に 「あいうえお」から続く48音のそれぞれの意味が書かれているのです。 ホツマツタヱとは では、そのヲシテ文献とはどういうものなのか? これは、江戸時代の複写本が現存する最古の文献になる 漢字ではなく、独自のヲシテ文字で書かれた本です。 そして、その内容から、「日本書紀」「古事記」の原本となる本ではないか と言われています。 ただ、現存する最古の文献が江戸時代と新しかったり、その他の理由から これは、江戸時代に作られた偽書ではないか、という意見もあります。 個人的には、これらに関する本を読み漁っている途中ですが その内容からして、ヲシテ文献は 日本の文化の根源であり、内容も信用するに足ると思っています。 ただ、そのあたりは、まだまだ論争が続くところですので 一旦、その議論は、おいておいて。 文字の話です。 これらのヲシテ文献には、一文字一文字の意味を説明している「ミカサフミ」があります。 そしてこの文献を丁寧に解読し、現代の言葉でまとめられた本があります。それが、こちら。 この本の著者が言われていることは、ナショナリズムとしてヲシテ文献を研究するのではなく 純粋に文字の追求をした、と名言されています。 その言葉どおり、この類の古文書にまつわる、どこかオカルト的な要素はまったくなく 文字の研究というぶれない軸で研究がなされています。 そこから、ヲシテ文字には、一文字につき、意味がそれぞれあり その意味についての説明もなされています。 そして、一文字につき、それぞれ意味があるのですから 当然、日本の助詞「テニヲハ」にも、意味が見いだせます。 ★学校へいきます ★学校にいきます。 の違いについても、きっちりと書かれていてとても納得させられました。 もちろん、生徒に教えるときは、「に」でも「へ」でも同じで どちらでも、いいですよ、ということで、構わないと思います。 ですが、やはり、違いはありますよね。違うコンテクストになったときやっぱりここは「へ」だ!「に」だ!となることもあります。 そんな時、言葉の語源をしっておくと、心強いものです。 一読の価値あり!おすすめの本 ヲシテ文字の研究について書かれた本、特に、助詞にフォーカスしているのがこちら。 「よみがえる日本語(2)助詞のみなもと「ヲシテ」著者:青木純雄 こちらの本は(2)となっています。(2)では、助詞にフォーカスしています。 ですが、いきなり読んでもわかりづらいと思います。 ですので、(1)にあたる、「よみがえる日本語 ことばのみなもとヲシテ」でヲシテ文字とは何か?を読んで ヲシテ文字について理解してから(2)を読まれることをおすすめします。 よみがえる日本語ことばのみなもとヲシテ The original Japanese letter, ヲシテ There is a new type of letter in Japanese. It’s called ヲシテ. ヲシテ had existed in Japan since the time before the Chinese character was adopted.It’s totally different with Chinese character. Because It is an alphabet and also each has…

みんなの日本語語彙Teacher

Flashcards of Minna no nihongo

Flashcards of Minna no nihongo Vocabularies/Phrases/ Vocabularies are important elements to speak/listen/write Japanese. I made flashcards of vocabularies, especially for a text book, titled Minna-no-nihongo. Minna-no-nihongo vocabularies flashcards みんなの日本語フラッシュカード作りました! みんなの日本語に出てくる語彙やフレーズを フラッシュカードにしました。 みんなの日本語フラッシュカード(語彙・フレーズ・単語) ぜひ、授業の一休みの時間や、ウォーミングアップで使ったり 生徒の宿題にしたり、ご自由にお使いください。 もちろん、無料です。

象は鼻が長いTeacher

「象は鼻が長い」の「が」って?

前回の続きです。 前回は、日本語には主語があるのか?という問いでした。 それについて、あるのか、ないのか、と聞かれれば 「ない」 。 とお話しました。それは、「は」について解説することで 説明したのですが、今日は、「が」についてです。 「象は鼻が長い」の「が」は何? 〜は〜が○○○。 これは、みんなの日本語の16課に出てくる構文です。 この「が」について 生徒は、どうして「は」じゃなくて「が」ですか? 「が」ってなんですか? とストレートに質問してきます。 で、色々と説明を考えた結果 こう言えば、すっと理解してくれる、という言葉に気づきました。 それは、この「が」は、描写のときに使う。ということです。 つまり、when you want to describe something, then you can use が. そう、描写 describeです。 「が」は 描写 わたしは、これについて、描写しますよ。 という合図が「が」なのです。 そういうと、生徒は、以後まちがうことなく、「は」と「が」を使い分けます。 つまり、「は」は  わたしは、今からこのことについて話しますよ。 の合図。 そして、「が」は 私は、このことについて描写しますよ。 の合図。 です。 「象は鼻が長い」の場合 象は = わたしは、今から象について話します。 鼻が = わたしは、今から(主題の象の)鼻について描写します。 ということになります。 もちろんこれは、 わたしは、日本人です。 わたしが、日本人です。 この2つの違う文章を並べたときの「が」とは、違う種類の「が」ですので そこは、混合しないよう注意が必要です。 じゃ、それでは、 わたしが、日本人です。 の「が」はどう説明したらいいのか? というのは、次回に書きますね。