CATEGORY Teacher

みんなの日本語第一課Teacher

みんなの日本語 第1課

導入〜 「この課はおもしろくないよ」と言ってしまう とにかく、最初に言ってしまったほうがいいのが、 みんなの日本語の1課〜3課はつまらない、ということです。 つまらないけど、でも、これが基礎だから、乗り越えて! と最初に言っておきます。 すると、生徒も「ぐっ」と我慢してついてきてくれます。 なぜ、つまらないかと言うと、「動詞」がないからです。 日常会話では、「動詞」抜きでは進みません。 食べます、走ります、寝ます、起きます、見ます、聞きます、飲みます、、、、 それらがない1課〜3課は、正直、面白くありません。 なので、4課に行くまでに、挫折する生徒もいるのです。 しかし、事前に「おもしろくないけど、我慢して!」と言っておくと けっこう、効果があります。そして、4課で「習う」喜びが爆発するのです。 わたしは、マイク・ミラーです。 文型 Topic + は、object です。 説明 は is a marker of topic. I am talking about (this)〜 = (this) は、〜 ↑こういう構造になります。 Subject ではなく、Topicです。 練習 最初は、「わたし」で練習します。 わたしは、(名前)です。わたしは、(年齢)です。わたしは、(職業)です。etc.. その後は、「わたし」の代わりに、「家族(父、母、祖母、、)」「友達」などで練習します。 このとき、家族について日本語でなんというか、合わせて覚えるようにします。 家族のイラスト みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。 サントスさんは学生じゃありません。/では、ありません。 文型 topic は object じゃありません。/では、ありません。 説明 Instead of です, It’s じゃありません。/ では、ありません。which means negative. わたしは、日本人です。 の次に わたしは、アメリカ人では、ありません。/じゃありません。 と首を振りながら( 違う、という意味)、いいます。 「では」と「じゃ」の違いは? 「では」、は、politeで、「じゃ」は、bit more casual than では. 日常会話では、「じゃ」のほうをよく使うことを説明します。 練習 「わたし」で練習のあと、「家族」「友達」などで練習します。 父は、50歳です。 父は、40歳じゃありません。 など、肯定と否定をセットで言うと、覚えやすいですね。 みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。 ミラーさんは、会社員ですか。 文型 topic は、object ですか。 説明 文型1の肯定文の最後に「か」をつけると「?」になります。 日本語では、〜か。のあとは、「。」ですが、 ここは、大げさに「?」を文末に書いて、これは質問文であることを印象付けます。 ※ただし、日本語では、「?」は書かないことを説明をしておきます。 練習 返事のしかたもおさえておく。 (生徒の名前さん)は、学生ですか。 肯定文から入り、「はい、そうです。」の答えかたを教えます。 その後、 (生徒の名前さん)は、日本人ですか。 で、否定の答え方を教えます。 「いいえ、ちがいます。/いいえ、わたしは〜です。」など。 このとき、 自分自身や家族など「うち」の人には、〜さん、などの敬称を使わないこと 目上の人や初めてあった人には、〜さん、と敬称で呼ぶことが好ましいことを教えます。 みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。 サントスさんも会社員です。 文型 topic も object です。 説明 as well, too, also, などの意味となり、topic「は」の代わりに「も」を使うことを強調。 練習 わたしは、日本人です。 父も日本人です。 など、文型1を使って、家族をtopicsにするとわかりやすいです。 みんなの日本語(文型1の箇所)の 練習A→練習Bの順で練習。…

ヲシテ文字Culture

日本語の助詞の由来がわかる本

日本語の助詞「て、に、を、は」の由来は? 日本語を勉強する外国人にとっても日本語教師にとっても 「助詞」 は、難関です。 たくさんの文法的解説や、ニュアンス、イメージなどの本がありますが日本人にとって、体に染み付いた なんだか、やっぱり言葉で説明しにくいものではないでしょうか。 わたしも、色々と教える際に、気を配っているのですが 原点に戻ると、自分自身も 助詞、一文字一文字の根本的な意味、というのは体感でしかわからないものでした。 しかし、ある本に出会って、助詞の答えがわかったのです。 神代文字とは まず、その本を紹介する前に、大切なこと。 みなさんは、神代文字(かみよもじ/ じんだいもじ)をご存知でしょうか。 これは、日本に漢字が採用される以前からあった 日本独自の文字のことです。 ヲシテ文字 と言われるものです。 この文字の最大の特徴は 一字一義 つまり、一文字一文字に意味がある、ということです。 「あ」という文字は、音が「あ」と発音する、ということだけでなく この「あ」の一文字に意味があるのです。 それがどうしてわかるのかと言えば そのことが、書かれた本、ホツマツタヱ ミカサフミ フトマニ と呼ばれるそれぞれ、ヲシテ文字で書かれたヲシテ文献に 「あいうえお」から続く48音のそれぞれの意味が書かれているのです。 ホツマツタヱとは では、そのヲシテ文献とはどういうものなのか? これは、江戸時代の複写本が現存する最古の文献になる 漢字ではなく、独自のヲシテ文字で書かれた本です。 そして、その内容から、「日本書紀」「古事記」の原本となる本ではないか と言われています。 ただ、現存する最古の文献が江戸時代と新しかったり、その他の理由から これは、江戸時代に作られた偽書ではないか、という意見もあります。 個人的には、これらに関する本を読み漁っている途中ですが その内容からして、ヲシテ文献は 日本の文化の根源であり、内容も信用するに足ると思っています。 ただ、そのあたりは、まだまだ論争が続くところですので 一旦、その議論は、おいておいて。 文字の話です。 これらのヲシテ文献には、一文字一文字の意味を説明している「ミカサフミ」があります。 そしてこの文献を丁寧に解読し、現代の言葉でまとめられた本があります。それが、こちら。 この本の著者が言われていることは、ナショナリズムとしてヲシテ文献を研究するのではなく 純粋に文字の追求をした、と名言されています。 その言葉どおり、この類の古文書にまつわる、どこかオカルト的な要素はまったくなく 文字の研究というぶれない軸で研究がなされています。 そこから、ヲシテ文字には、一文字につき、意味がそれぞれあり その意味についての説明もなされています。 そして、一文字につき、それぞれ意味があるのですから 当然、日本の助詞「テニヲハ」にも、意味が見いだせます。 ★学校へいきます ★学校にいきます。 の違いについても、きっちりと書かれていてとても納得させられました。 もちろん、生徒に教えるときは、「に」でも「へ」でも同じで どちらでも、いいですよ、ということで、構わないと思います。 ですが、やはり、違いはありますよね。違うコンテクストになったときやっぱりここは「へ」だ!「に」だ!となることもあります。 そんな時、言葉の語源をしっておくと、心強いものです。 一読の価値あり!おすすめの本 ヲシテ文字の研究について書かれた本、特に、助詞にフォーカスしているのがこちら。 「よみがえる日本語(2)助詞のみなもと「ヲシテ」著者:青木純雄 こちらの本は(2)となっています。(2)では、助詞にフォーカスしています。 ですが、いきなり読んでもわかりづらいと思います。 ですので、(1)にあたる、「よみがえる日本語 ことばのみなもとヲシテ」でヲシテ文字とは何か?を読んで ヲシテ文字について理解してから(2)を読まれることをおすすめします。 よみがえる日本語ことばのみなもとヲシテ The original Japanese letter, ヲシテ There is a new type of letter in Japanese. It’s called ヲシテ. ヲシテ had existed in Japan since the time before the Chinese character was adopted.It’s totally different with Chinese character. Because It is an alphabet and also each has…

みんなの日本語語彙Teacher

Flashcards of Minna no nihongo

Flashcards of Minna no nihongo Vocabularies/Phrases/ Vocabularies are important elements to speak/listen/write Japanese. I made flashcards of vocabularies, especially for a text book, titled Minna-no-nihongo. Minna-no-nihongo vocabularies flashcards みんなの日本語フラッシュカード作りました! みんなの日本語に出てくる語彙やフレーズを フラッシュカードにしました。 みんなの日本語フラッシュカード(語彙・フレーズ・単語) ぜひ、授業の一休みの時間や、ウォーミングアップで使ったり 生徒の宿題にしたり、ご自由にお使いください。 もちろん、無料です。

象は鼻が長いTeacher

「象は鼻が長い」の「が」って?

前回の続きです。 前回は、日本語には主語があるのか?という問いでした。 それについて、あるのか、ないのか、と聞かれれば 「ない」 。 とお話しました。それは、「は」について解説することで 説明したのですが、今日は、「が」についてです。 「象は鼻が長い」の「が」は何? 〜は〜が○○○。 これは、みんなの日本語の16課に出てくる構文です。 この「が」について 生徒は、どうして「は」じゃなくて「が」ですか? 「が」ってなんですか? とストレートに質問してきます。 で、色々と説明を考えた結果 こう言えば、すっと理解してくれる、という言葉に気づきました。 それは、この「が」は、描写のときに使う。ということです。 つまり、when you want to describe something, then you can use が. そう、描写 describeです。 「が」は 描写 わたしは、これについて、描写しますよ。 という合図が「が」なのです。 そういうと、生徒は、以後まちがうことなく、「は」と「が」を使い分けます。 つまり、「は」は  わたしは、今からこのことについて話しますよ。 の合図。 そして、「が」は 私は、このことについて描写しますよ。 の合図。 です。 「象は鼻が長い」の場合 象は = わたしは、今から象について話します。 鼻が = わたしは、今から(主題の象の)鼻について描写します。 ということになります。 もちろんこれは、 わたしは、日本人です。 わたしが、日本人です。 この2つの違う文章を並べたときの「が」とは、違う種類の「が」ですので そこは、混合しないよう注意が必要です。 じゃ、それでは、 わたしが、日本人です。 の「が」はどう説明したらいいのか? というのは、次回に書きますね。

日本語に主語はあるのか?Teacher

日本語に主語はあるのか?

とも先生です。 日本で数年、企業の日本語教室や自治体のボランティアで日本語教室として働いたあと 南米で1年ほど、日本語教師として働き 現在、日本に戻ってきて主にオンラインで日本語を教えています。 さて、日本語教師をされていれば、 「象は鼻が長い」 この文章を見て、ピン!と来ると思います。 日本人にとって、普通の文章ですが これには、日本語に主語があるやなしや、という問題を問いかける有名な一文です。 今、オンラインで授業をしていると 一対一なので、 とてもストレートに質問が飛んできます。 幾年齢を重ねても するどい質問があります。 その場では、なんとか答えても 後から考えて、あぁ、こう言えば良かったのに、、、と思い 「あぁ、わたしは、だめ教師だぁああああ」と 5秒ほど落ち込むことがあります。 確かに、私の勉強不足、ではあるのですが でも、それだけ日本語って面白いなぁと思います。 そこで、色んな質問を受けて、生徒さんに「こう言えば、わりとすんなり理解してもらえた」ことを 覚書しておきます。 は、が、問題 一番の問題は、やはり助詞です。 生徒は戸惑います。 は、が、へ、に、を、、、 なんですの?これ?と。 まず、一番はじめに来るのが「は」ですね。 わたしは、日本人です。 などのときの「は」です。 これは、topic markerという言い方をされる人も多いと思いますが 質問形式にするとわかりやすいようです。 言いたいことがあるのに、うまく文章が組み立てられない生徒へ 「何について話したいですか。」You want to talk about….? What do you want to talk about? と聞いてあげれば、すぐ答えが帰ってきます。 私について!とか、この机について!母について!などなど。 そこですかさず、 So, わたし「は」、この机「は」、母「は」、 と出だしを提示します。 そうすると、次からは、長い文章であっても、ちゃんと、「は」を使えるようになります。 日本語に主語はあるのか ここから、ちょっと考察に入りますが このことを通しても、日本語に主語はあるのか?の答えは「ない」といえると思っています。(あるやなしや?と問われれば、ない、ということで、細かいパターンについては省略。。。悪しからず) つまり、「わたしは、このことについて、話したいのです」と宣言するのが、「は」です。 主語ではなく、これは、主題です。topicです。 このため 例えば、レストランへ行って 「わたしは、うなぎ。」と言ったとき、 わたしについて、話します。 と宣言しているので あとは、状況と照らして、うなぎを注文します。という意になるのです。 決して、わたし=うなぎ I am a うなぎ ではないのです。 これが、わたしが「主語」である、となると、わたし=うなぎとなるので成り立たないのです。 私は、このことについて話します。と宣言する「は」は、主題の「は」topicの「は」です。 そのように、説明すると、生徒はすんなり理解してくれます。 また、日本人の私にとっても、主題の「は」と定義したほうが ごく自然に理解できます。 じゃ、「象は鼻が長い」の「が」は何ナノ?? となりますよね(汗) これについても、生徒からよく質問を受けます。 では、次回、それについて書いて見ようと思います。