Difference Japanese 〜とto and 〜たら tara

手のひらにおつりを載せた写真

「このボタンを押す、おつりがでます」

「このボタンを押したら、おつりがでます。」

この「」と「たら」の違いがわかりますか。

実は、文法上、どちらも間違いではありません。
でも、ニュアンスが微妙に違います。

「と」の使い方

自販機のボタンを押す写真

手のひらにおつりを載せた写真

このボタンを押す、おつりがでます」

前の文章(=このボタンを押す)と後ろの文章(=おつりがでます)
に分けて考えましょう。

前の文章の結果として、後ろの文章が起こる。
“このボタンを押す” causes “おつりがでます”

この関係が成り立ちます。

「たら」の使い方

「このボタンを押したら、おつりがでます。」

たら is like [IF] in English.
If you do that このボタンを押す, then the change would be out.=おつりがでます。
So, this sentence focus on the action of 前の文章(このボタンを押す).

例文

「〜と」

このボタンを押すと、おつりが出ます。

この角を曲がると、スーパーがあります。

このつまみを回すと、音量が変わります。

「〜たら」

大学を出たら、働きます。

大学を出たら、働きたいです。

これを食べたら、下痢になります。

まとめ

「〜と」has a logic, I think.

この角を曲がると、スーパーがあります。

This is talking about the map.
This is the truth. It’s a fact.

So, You should use と in this case.

「〜たら」is used when the 後ろの文章 is uncertain.

大学を出たら、働きます。
Nobody knows about the future.
Yes, you have a plan to work after graduation.
But It may not to happen. It has still the part of uncertain things.

That’s why you can’t say “大学出ると、働きます。” or “大学を出ると、働きたいです”.

どうですか。

たくさん、例文を読んで、違いを明確にしてくださいね!

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *